雲井龍雄

『この身飢ゆればこの子育たず、この子棄てざればこの身飢ゆ。
   捨つるが是か捨てざるが非か、人間の恩愛この心に迷ふ』

 ・・・「自分が飢えれば子は育たず、その子を引き離さないかぎり
     自分が食えない」(棄児行)

明治維新の独自の革命家、米沢藩の雲居龍雄は27歳で刑場の露になりました。
雲居龍雄は詩人でもありました。
名文として有名な「討薩檄」(とうさつのげき)を起草。

この雲居龍雄を主人公にした長編小説を藤沢周平さんが「雲奔る(檻車墨河を渡る)」
という作品を残しています。
【歴史上の人物の最新記事】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。