終わりよければ・・

今までがどんなに不運で、人脈に足をひっぱられてきたとしても
諦めてはいけない。
毎朝「終わりよければ」と唱えて、そのための努力を惜しまない
ように。
どうすれば終わりが良くなるかといっても、名医に恵まれれば、
いいという話ではない。
「生きていてよかった!」
そう思って死ねれば勝ちである。
もし女房がいる人は、今からでもいいから、優しく尽くすことが
大切


                 ・・・・永 六輔

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。